×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャンピングカーをレンタルするにあたっての注意点情報!

キャンピングカーをレンタルするにあたっての注意点

カテゴリー :キャンピングカー レンタル

キャンピングカーの標準のレンタル料は1泊2日で2万円台〜3万円台といったところで、通常のレンタカーと比較すると若干高いと感じですよね。でも、車中で宿泊できるので、ホテル代が含まれていると考えればむしろお得かと思います。レンタルする車種については乗車人数や過ごし方を明確にしてレンタル会社に相談するといいかもしれません。
トイレやシャワーが必要か? も検討してチェックをしましょう。夜を設備の整ったオートキャンプ場で過ごすなら、トイレやシャワーは不要かもしれませんが、小さなお子様がいる場合や、きちんとした設備がないところで泊まる予定があるなら、トイレが車内にあった方が便利ですよね。装備についての説明や運転について丁寧に説明をしてくれるレンタカー会社を選ぶことも大切です。その上で諸注意点をアドバイスしてもらえるならより安心して出発できますよね!
最近は「湯YOUパーク」という、ホテル・旅館の駐車場を利用したシステムもあります。宿の温泉やレストランを利用しつつ、宿泊はキャンピングカーでするというもの。これも安心して利用できるので初心者におススメです♪

コラム > キャンピングカーをレンタルするにあたっての注意点について書かれています。

キャンピングカーをレンタルするにあたっての注意点

カテゴリー :キャンピングカー レンタル

キャンピングカーでのレジャーが流行っています。今やキャンピングカーを簡単にレンタルできる時代になりました。オートキャンプ場や、道の駅に至るまで、キャンピングカーでの宿泊は楽しいものですよね♪しかし、時として人に迷惑をかけるような人も多く見受けられます。これはやってはいけないことをちょっとご紹介したいと思います。
当たり前のことですが、他人に迷惑をかけないということ。自分が普段家でやっていることでも、知らず知らずのうちに他人の迷惑になることもあるのです。例えば、キャンプ場でガンガン音楽をかける、夜遅くまで明かりをつけて騒ぐなど。キャンプ場はみんなの設備です。他人への迷惑にはいつも以上に敏感にならなければいけないですよね。道の駅を宿泊場所として選ぶ人も意外に多いのですが、最近それはいかがなものか・・・という物議をかもしているそうです。迷惑か否か、ということなのだと思います。
そして、安全運転に気をつけてほしいと言うこと。レンタルのキャンピングカーは普通自動車免許で運転できるとは言っても、車高が高いなどやはり大きく、それゆえ風の抵抗をいつも以上に受けます。高速道路などでの横風にはかなりの注意が必要です。また、ハンドル操作もいつも乗っている自家用車とは勝手が違います。事前に運転計画を立て、あまり細い道、分からない道には入らないようにしましょう。道路上で立ち往生、なんてかっこ悪いですものね!

コラム > キャンピングカーをレンタルするにあたっての注意点について書かれています。

キャンピングカーをレンタルしよう♪

カテゴリー :キャンピングカー レンタル

キャンピングカーレンタルしてレジャーを楽しむ人が増えています。どんなタイプのキャンピングカーも、普通免許で運転できるので気軽にレンタルすることができるんです。初心者にとって気をつけなければならない点がいくつかあります。
快適な車内ですが、電気を利用しないときはこまめに消す、ガスなども無限にはないことを頭にいれておきましょう。稀に、バッテリーをあげたまま返車されることもあるそうです。また車内の家具は、軽量・コンパクト化の為、無理に利用すると壊れやすいとか。出発前に説明をきちんと聞くこと、旅の途中でもわからないことはレンタカー会社に聞くなどの対応が大切です。
夜を過ごす場所は初心者なら、安全性や快適さを考えるとオートキャンプ場を利用するのが一番良いのではないでしょうか。何より、安全だし安心ですよね。
区画がきまっているところもあれば、場内のどこで過ごしてもいいところ、また設備もまちまちなので、自分の旅のスタイルにあったところを選ぶことが大切ですね。

コラム > キャンピングカーをレンタルしよう♪について書かれています。